« 2009年2月 | トップページ | 2009年5月 »

PODCAST始めました!

~世の中にはトキメキが足りない!~
昭和最後のドラゴン世代がお届けするニキニキ爆裂トーク。

月イチ不定期配信予定で赤坂三宿スタジオよりお届けします☆ Photo_2

メインパーソナリティ:ジャンボ(DEP)
アシスタント:赤坂みちる(PHEWWHOO)

special thanks to 猫社長
 
 
***********************


●赤坂みちる(PHEWHOO)

昨年末にROVOの益子 樹, WRENCHのAYASHIGE等豪華リミキサー陣を招いて発売されたRemixアルバムがmaoレーベルより発売された「PHEWWHOO」のバンマスでありベーシスト。
FUJIROCKのルーキーステージに出演や代官山ユニットでのBIGパーティーを開催するなど、かつて巷を賑わせたファンキーミクスチャーバンド「界」のベーシストでもあった赤坂みちる。
界活動停止後はエルマロやSpinna B-ILL(スピナビル)のレコーディングに参加するなど、町田康バンドを筆頭に個人として関わるバンドは石橋英子・ホテルニュートーキョー・くりわたはし・大介グループなど数多くの活動をこなしている。

その実像は時に「目の前のオーディエンスをどっかんどっかん躍らせたい」と熱く語るミュージシャンであり、自らのメインワークであり都内を席巻しつつあるPHEWWHOの大黒柱でもあり、愛する一家の主・父ちゃんであり・・
その熱さと人望が全てを物語る“愛されるバカ野郎”である。 
赤坂三宿スタジオ(赤坂みちるBLOG)
http://akasaka-misyuku.at.webry.info/
 
About PHEWWHOO
>>>>↓myspace↓<<<<
http://www.myspace.com/phewwhoo
since 2007 ~ FUNKY SPIRIT STYLE OF '76 instrumental BAND
 
 
●ジャンボ(Djambo)

Djamboとは都内ライブハウスでアンダーグラウンドからおもしろイベントまで性懲りも無く打ち続けるデカイ人のこと。
もっともっと多くの人が生のライブの興奮を、音楽の素晴らしさを力を体感して欲しい。物事の一番根っこにある衝撃を伝えたい。そんな思いでやっていたりする。
近年はイベントの司会などもこなし、去年は岡山まで出張したりもした。今年は9月に沖縄で特設リング前での結婚式の実況・司会も決定。基本酒飲みの旅好き。

DEPとはDjambo Event Projectの略称。
04年に池袋初上陸となる「渋さ知らズオーケストラ」を招聘させるなど灰野敬二・吉田達也・鬼怒無月といったアバンギャルド・プログレッシヴなレジェンドのGIGを繰り広げたかと思えば、猫ひろし・長州小力に活弁映画監督の山田広野・元AV女優の森下くるみをステージに上げるなどやらかし続ける。
また「サブカル色」満載の80'S・NW系イベント「電動のメリークリスマス」が毎年末に好評開催中。あがた森魚・巻上公一・梅津和時らのレジェンドから漫画家の江口寿史・吉田戦車・山本直樹ら多数の漫画家が出演している。
 
DEP(Djambo Event Project)
http://deplog.cocolog-nifty.com/
 

PHEWWHOO&DEPイベントの活動履歴はコチラ↓
http://deplog.cocolog-nifty.com/blog/special/index.html
『密林ジャングル』@西麻布SUPER DELUX
『MICHIRU‘N’DJAMBOREE』@青山 蜂

|

5/16(sat)『エレキショック!ROSA快感 VOL.11』

5/16(土)@ikebukuro LIVE INN ROSA090516ereki_fryer_2
DEP presents
『エレキショック!ROSA快感 VOL.11』
17:30/18:00 open/start
前売\2300 当日\2500(各1D別)

LIVE ACT
■モデルプランツ
■航空電子
■パノラマ迎賓館
■教祖とおいおいシスターズ(from ワハハ本舗)
■中山貴史RX-7
■木魚

DJ&オープニングアクト
■茶谷恒治ソロ(ヤング100V)
◆問合せ・予約
LIVE INN ROSA
豊島区西池袋1-37-12 ロサ会館B2F
03-5956-3463
info@live-inn-rosa.com
 
 
 
“ハートにビビッと来るSHOCK!”もはやお馴染み「エレキショックROSA快感」、5月は毎年『春の電メリ』とでも言うべくメンバーで豪華にお届けしちゃいます☆
今回はヤング100Vより茶谷恒治がソロとして出陣もハプニングアクトというかDJより転換中アクターというカンジで即興LIVEやったり大いに楽しませてくれるはず!? また、電メリではお馴染み中山貴史RX-7はフロアLIVEでハードなディスコビートでフロアをガンガン盛り上げ♂、カルト芸で世間を脅かしつつあるワハハ本舗芸人「元氣 安」の教祖とおいおいシスターズのシモネタ?パンクが炸裂すれば、山下総合病院より派生したテクノPOPユニットパノラマ迎賓館は毎回珠玉のコントをナイスに新鮮にお届け間違いナシ!
もはや比類無きパフォーマンスで感動を与えてくれるモデルプランツ・木魚といったナゴム周辺80’sのレジェンドに加え、脂の乗り切ったハイブリッドテクノPUNK航空電子も勢ぞろいと、相も変わらず楽しみなエレキショック!!
================================================

>>>>>>>ARTIST INDEX<<<<<<<

モデルプランツ = 安田理央(Vo) 花田健哉(Key) 阿部マサミ(G) 竹野茂之樹(G)高田英宏(B) SACHI-A(Dr)

Photo_6 1984年、安田理央により結成された生粋のニューウェーブバンド。数度の活動休止をはさみつつもマイペースで活動し、今年はついに結成25周年を迎える。 2004年よりモデルプランツ20周年を記念した主催イベント『電動のメリークリスマス』が好評を博し、2008年まで一大80'Sフェスとして毎年末に開催している。80'sよりナゴム周辺での活動から現在に至るまで、東京NEWWAVEシーンにおける重鎮的存在である。

 

航空電子 = タバタコウヘイ(Vo) クスモトヨシノリ(B) タダノリヒコ(G)Photo_4

2000年4月、静岡県浜松でVo.タバタコウヘイとBs. Programming.クスモトヨシノリを中心に結成。POP/パンク/テクノの3つの柱のサウンドを指向する。バンドスタイルはテクノ/ニュー ウェーブを踏襲するが、ポジティブタッチな歌詞が特徴的である。幾度と無くマイナーチェンジを繰り返しその飽くなき指向を追及。昨年2008年は約3年ぶりに11名編成のライブを行うと、6月に新作アルバム『AFTER BURNER』発売。7月 には、V.A.『東京ゲリラ』発売(タバタコウヘイがトータルプロデュース)するなど勢いが留まることは無い。

 

パノラマ迎賓館Panorama2009feb_2  WE ARE TECHNO-POP IDOLE NEWWAVE

ないす:ヴォイス
わかじ:ギタァ・エレクトロニクス
こもだ:ギタァ・ダンスィング
いんちょう:ヴォコォダ・シンセザイザァ

東京発 テクノ キャンディエレクトロ ディスコ ドリームポップ メタチップチューン
シンセサイザーアイドル ユニット 「 パノラマ迎賓館 」 は山下総合病院 山下院長の秘蔵っ子「ないす」が歌う新人類型テクノアイドルグループ パノラマ迎賓館です。 カワイイ女の子が唄います。踊ります。 ピコピコと言われても恥じず、 テクノポップと呼ばれても泣かず、 世界に誇る、日本の迎賓館。 贅を尽くしたおもてなし。
世界でいちばん針の穴に糸を通すのが上手な音楽家です。(推定)

 

教祖とおいおいシスターズ

Photo_2カルト芸で物議を醸し出しているワハハ本舗芸人「元氣 安」によって、おいおい教の新機軸となるべく2008年結成されたパンク?バンド。芸人仲間からは「思想のないスターリン」と言われるほどの奇想天外な儀式的パフォーマンスと歌詞で、会場に笑いと悲鳴を巻き起こしている!

★ボーカル+儀式担当【元氣 安(ワハハ本舗)
★ドラム担当【ちなみアーサー】★ギター,ボーカルサブ担当【ちさとマーヤ】※ちなみとちさと双子姉妹⇒双子のバンド「soul source」で活躍中
★ギター担当【なつこサーヤ】
★ベース担当【TAKE美ダラーナ】

中山貴史RX-7
Takashi Nakayama RX-7Rx7_2

90年代半ばから00年代を跨ぎNWシーンを牽引し続けて来たSKYFISHERの総帥でありLABSICK RECORDを主宰する中山貴史。ヤマハ製ドラムマシン「RX7」4台をDJミキサーにダイレクトにプラグインし、イコライジングとモジュレーター加工のみでMIDIシンクロせずリズムトラックをリアルタイムで構築させるソロパフォーマンスは彼のストイックなDISCOPUNKに賭ける思いが炸裂する!

youtube動画→http://www.youtube.com/watch?v=0vf3RI_FMlg

●木魚 (※mixi内URL http://c.mixi.jp/mokugyo

Photoナゴムの雄でありカルトヒーロー、ツネヲ・カイシュウ・ニャンコ・ハッチャキによる生ける伝説「木魚」。“木魚”は結成が83年、音楽性は限りなく暗くリズムボックスにベースの音が重なりアコースティック・ギターを掻き鳴らす。しかも歌ってる歌詞の内容は果てしなく意味ナシ、もしくは人を食ったようなユーモアが漂っているようなもので、暗さと明るさが同居というか渾然一体となってしまった歌ばかり。
下らないことでも重く意味なく壮大に、、摩訶不思議なシンフォニー・・!?

近年は年に一度やるかやらないかのLIVEだが、今年は何と5月に2本のステージ。何かサプライズはあるのか・・!?

 

■茶谷恒治ソロ(ヤング100V)Photo_3

茶谷恒治無くしてヤング無し。そう言える程絶大なパフォーマンス力を三十路をとうに過ぎてから存分に発揮している彼のソロパフォーマンス。オーディエンスの注目を独り占めするその魅力はソロで一体どう輝くのであろうか。。かつて旅芝居役者であったことを知る者は意外に少ない。

■好きな映画
 「3月のライオン」 矢崎仁司、
 「シンプルメン」ハルハートリー
■好きな作家
 小松左京、安部公房、しりあがり寿
■好きな音楽家
 東京ブラボー、さねよしいさ子、あがた森魚

 

|

« 2009年2月 | トップページ | 2009年5月 »