stone meets jamboree!!

昨年2007夏に青山CLUB蜂で開催された「Michiru'N'Djamboree」、秋に開催された『密林ジャングル』@西麻布SUPER DELUXEが、よりグレードUPして帰って来ます!

この度、めでたく1stフルアルバムを7月2日リリースするPHEWWHOOがリリース直前に前祝!?、再びDEPと手を組みリリース元であるMAOのバックアップを得て超強力なメンツとググッとGROOOOOOOVINしちゃいマス!!


********************************
Stonemeets
08/6/27 at Grapefruits Moon

PHEWWHOO & DEP コラボ企画第3弾!!!

Stone Meets Jamboree


open19:00 start19:30
adv 2000yen door 2500yen

LIVE

TETSUNIQUES

大介GROUP

PASADENA with poundhip upsetters

PHEWWHOO

presented by MICHIRU(PHEWWHOO) & DJAMBO(DEP) & ISHIMOTO(MAO)
supported by MAO

informationStage1_3 

GrapefruitMoon

DEP

PHEWWHOO

MAO

********************************

About PHEWWHOO
>>>>↓myspace↓<<<<
http://www.myspace.com/phewwhoo
since 2007 ~ FUNKY SPIRIT STYLE OF '76 instrumental BANDPhewwhoo2_2 

00年代初頭、東京のアンダーグラウンドシーンに「界」というバンドがあった。ジャズファンクからスタートし、解散直前にはじゃがたら色を強めていったそのサウンドは、ロックファンのみならずブラックミュージックフリークからも今もって熱い賞賛を得ている。 その後メンバーは各々の活動を開始。のちにPHEWWHOOのメンバーとなるベースの赤坂ミチルとドラムの正田謡子はリズムセクションとしてエルマロのアルバム、ホテルニュートーキョーに参加。更に赤坂は町田康バ ンドへの参加、Spinna B-ILLのアルバム、一十三十一のレコーディング等、一方正田はサーファーズオブロマンチカへの参加、 GUTEVOLKのサポート等を勤めつつ数年が過ぎた。

2007年、赤坂と正田、そしてテクノとパンクの融合イベント「death disco] の主催、またDJ&MCユニット、ロッキードでも活動中のDJSO-UP。そのDJ SO-UP、赤坂とともに恵比寿みるくでのNKLBKL主催の定例パーティ「FUN-THE-MENTAL」(NKLBKL) をオーガナイズしレジデントDJを務めていたKENDOOMがターンテーブルをギターに持ち替え集結。ここにPHEWWHOOが産声をあげる。 「界」のボトムを担っていたリズムセクションが叩きだすビートはあくまでも黒くダンサブルに屋台骨を支え、そこにDJ的なセンスで音色、フレーズを組み立てるSO-UPと、テンションコードの魔術師 KENDOOMのツインギターがアグレッシブかつメランコリックに彩りを添えるそのサウンドは、エレクトロクラッシュ、マスロック、ドラムンベースを消化しつつも徹底してファンキー。昨今のインストバンド、ジャムバンドでは珍しいブラッキーさを存分に醸し出している。

結成1年ながら既にGOMA、group、WRENCH、クボタタケシ、L?K?O?、TEGWONなど強者達との共演を果たすなどその実力は折り紙付き。キャリアに裏打ちされたスキルと初期衝動を併せ持つまさに「今」を体現するバンド、それがPHEWWHOOである。 また年内にはROVOの益子樹、WRENCHのSHIGE、ホテルニュートーキョー、TAICHIなどによるリミックスアルバムもリリース予定。



☆☆☆RELAX&DANCE!出ました!テツニークス!!☆☆☆

BLOG→http://tetsuniques.blog7.fc2.com/

元ROCKING TIMEの小粥鉄人(Vo./Ba.)と、TUFF SESSIONの内田コーヘイ(VTetsuniques_newpct_ls_2o./ヴァイオリン)、クリ(Vo./Gt.)、ヤギー(Vo./Ds.)を中心に、REGGAE DISCO ROCKERS/川上つよしと彼のムードメイカーズで活躍するサックス・プレイヤー・オリジナルヤマン・西内徹らが集い2003年気ままに結成。後にあいか(Key)が加入し現在6人編成。レゲエ、ロックステディーをベースとしながらも、サックス/ヴァイオリン/ギターのJAZZ的なアプローチや、DUB MIX、フォーキー&ポッUntitled_2なメロディー・ラインなど枠にはまらない、リラックスなおかつダンサブルなサウンドを展開中☆やまんです!  

2004年1stシングル「Walkin'」をリリースUntitled2_2  
2005年1stフルアルバム「TETSUNIQUES」をリリース
その他、コンピ作品参加多数

今年のテツニークスはやります☆☆


大介GROUP

>>>>myspace<<<<→ http://www.myspace.com/daisukegroup  
ts:takahashi daisuke b :赤坂みちる dr:END

2004年、数々のセッションを経験したメンバーが自然に集まり結成。当初バンド名がなく、初ライブ時に会場に到着すると「高橋大介グループ」と表示されており、そDaisukeg_2の名前のまま活動を開始。
2006年、5人編成から、Jazz Sessionに明け暮れていた大介(tenor sax)、ミクスチャーファンクバンド「界」や町田康BANDで活躍し現在はPHEWWHOOやホテルニュートーキョーなどでも活躍する赤坂みちる(bass)、多くのPunk/New Wave/Rockバンドを渡り歩いてきたend(drums)の3人体制となり「大介グループ」に改名。
Jazzをベースとしがらも多くの要素が入り混じったサウンドで、ライブではPunk Bandとも対等に渡り合う。
どんなシチュエーションでも、演奏が始まれば独自の空気にしてしまうPunk Jazz Band。


pasadena
>>>>↓myspace↓<<<<
http://www.myspace.com/pasadenajp

maoのオーナーでもあるイシモトサトシのギターインストソロユニット。レゲエ/ダブのエッセンスをベースに70's,80'sニューウェーブ、ファンク、ボサノバからの幅広い影響を取り込み、時に柔らかく、時に熱いサウンドを携え、カフェから野外フェスまで様々なフィールドでライブ活動を行っている。

こだま和文、HAKASE-SUN、Likkle Mai、ICCHIEといった日本レゲエシーンの重鎮からspecial others,toe,ホテルニュートーキョー等の気鋭のポストロック/ジャムバンドまで幅広い共演経験あり。Pasadena_2  

近年はライブPA、ダブミキサーやレコーディングエンジニアとしても活躍中。

#この日のLIVEはwith poundhip upsettersを交えてのバンドセット!


●リリース作品
2004/06/09woody guthrie
2005/06/20 One Point Five
2008/03/19 encontro




このパーティーはもうエモいしご機嫌だし最高でしょ!!

よろしくヤマン☆

■GrapefruitMoon

〒154-0004 東京都世田谷区太子堂2-8-12 佐々木ビルB1
TEL.:03-3487-8159

Map2007_3_26_2 

|

11/4(日) 『密林ジャングル』

~DEP新展開コラボ第二弾は六本木SuperDeluxeよりお届け!~

11/4(日)@六本木SUPER DELUXE
『密林ジャングル』

open/close 19:00~24:00
door ¥2500(+1D) w/flyer ¥1500(+1D)

*******************
心地よいグルーヴとリズムに揺さぶられ、辿り着いた場所・・そこは『密林ジャングル』だった!!

アンダーグラウンド・アヴァンギャルドイベントを中心に開催してきたDEPと、都内に旋風を巻き起こしている新鋭インストグルーヴロックバンドPHEWWHOOとのコラボ企画第2弾!

青山CLUB蜂での初コラボパーティー「MICHIRU'N'DJAMBOREE」を1104_4大盛況に収めさらなる境地へと邁進。この日SuperDeluxeは特別仕様で2つのステージを設置。息付く間もない怒涛の連続展開LIVE。
突き抜ける自由な音楽・度肝を抜くサウンド、その至福の時と空間をどこまでも!!
********************

■LIVE ACT■
PHEWWHOO  

●The Electric Rainbow Band [大塚寛之+茶谷雅之+鈴木一奈美]   

mi-ne   

MASCUTZ 

■GUEST DJ■
クボタタケシ

■DJ マイケルJフォクス

presented by DEP & PHEWWHOO
DEP http://deplog.cocolog-nifty.com/
PHEWWHOO http://www.myspace.com/phewwhoo

★出演バンドプロフィール★

■PHEWWHOOPhewwhoo
KENDOOM--Guiter SO-UP--Guiter 赤坂みちる(ex:界)-- Bass うたこ(ex:界)--Drums

2007年に始まったばかりの四人組(from NKLBKL)。キャリアはそれぞれ、歴史はまだまだ。10年戦士の1年生。音楽、仕事、飲み仲間。トキにはキャプテン、トキにはメンバ―。トキには社長、トキにはバイト。トキには関白、トキには女房。トキにはかあちゃん、トキには息子。そしてそこには音楽が・・・・。ヒュ~!フ~!
LIVEを重ねる事にグルーヴを増して行くFUNKY SPIRIT STYLE OF '76 instrumental BAND。都内で名を馳せたファンキーミクスチャーバンド「界」からPHEWWHOOに繋がる疾走のサウンドはあっという間に心をわしづかみ、GOMAやL?K?Oといった強力なアクトと早くも遭遇。見逃す手はないって!!!

■The Mascutz
カイデ(ex:FUN SIDE)--Vocal  オオクボ(ex:REACH)--Bass  ホリカワ--Guiter  フルカワ--DrThe_mascutz_2ums

2003年off spring,NOFXなどの共演を果たし、実力・人気絶頂にあったにもかかわらず解散してしまったFUN SIDE。そしてそのVoを勤めていたカイデ。TOY'S FACTORYから数枚のアルバムをリリースし、98年にはAIRJAMに参戦。多くのパンクキッズに絶大なる支持を受けていたREACH。そしてそのBASSを勤めていた、オオクボ。その二人を中心にホリカワ(G)、フルカワ(Dr)の四人で結成されたのがマスカッツ。
彼らの音楽は根っこにあるものはもちろんPUNK!!!だが、経験、実績に裏ずけられた遊び心、ぶっちぎりのテンション、よりフリーキーなメンタリティー。PUNK,TECHNO,HARDCORE,NEWWAVE,JAZZ,NOISE,そんなこと言ってる場合じゃないまさにそんなものの向こう側を求めんとする音楽こそザ・マスカッツ!!!といえよう。

■The Electric Rainbow Band The_erectric_rainbow_band_3
大塚寛之--Guiter  茶谷雅之--Drums  鈴木一奈美--Bass

地球という惑星に降り立った宇宙スペクタルなジャムバンド。
降りてくる瞬間を求めつつ、渋さ知らズでもその神がかったプレイを魅せる求道者ギタリスト大塚寛之。
激しいトコロから気持ちいトコロへ変幻自在なグレイトドラマー茶谷雅之。
ブインブインいわすベーシスト鈴木一奈美、しかしその太っとく支える旋律はハッピネス。
2006年夏・地球日本東京にて出会うべくして結成された3人は、ジャムを繰り返す度にそのグルーヴは固く強力なカオスへと昇華している。
オーディエンスはその衝動にひたすら全身を揺さぶられることになるだろう・・

mi-neMine2
西岡大輔(per) 桜井慎一(per) 春山友志(per) 菅沼雄太(ds) kenkou(ds) 守屋拓之(b) 加藤雄一郎(sax) 武嶋 聡(sax.fl) 吉田浩太郎(g) 塚本真一(p)

アフリカ、マリ共和国のドゴン族の言語で大地(畑であり、獲物の住む場所であり、果実を与えるもの、宗教的崇拝、畏怖の対象であり日常でもある。)を意味するmi-ne。CALMの実弟Kenkou、アコースティック・ダブ・メッセンジャーズ、エゴ・ラッピン等でプレイするドラマー菅沼雄太、OrganLanguageのレコーディング、ライブニモ参加した西岡大輔らが参加する3パーカッション、2ドラムというリズム隊をメインにしたバンドである。
ファースト・シングルは2002年9月にリリースされたMUSIC CONCEPTIONのレーベルサンプラー的存在である"SATELLITE AND PLANET CHAPTER 1"にも収録された"Gathering og Ghost Notes"を含む3曲をリリース。また2003年3月にはMUSIC CONCEPTIONより"SATELLITE SERIES Vol.5"に楽曲提供、CALMのニューアルバムへの参加等、その活躍ぶりは今後の音楽シーンで頭角を現していくバンドの一つと言える。

■クボタタケシPhoto_6
91年、伝説のラップグループ「キミドリ」のラッパー/サウンドクリエイターとして活動を開始。93年、アルバム『 キミドリ』と、96年『オ.ワ.ラ.ナ.イ』の2枚の公式な作品を残してキミドリはその活動を休止するが、クボタはその間から現在まで数々のリミックス、プロデュース、そしてDJとしての活動を継続中。中でも98年にスタートしたミックステープ『CLASSICS(1〜4)』シリーズはオールジャンルミックスの新しい扉を開き、東京から全国のクラブまで熱狂的なフォロワーを生みだした。03年10月には初のミックスCD『NEO CLASSICS』をカッティングエッジよりリリース、好セールスを記録中。待望のミックスCD『CLASSICS- 5』は近日リリース予定。
FUJIROCKFES'04、今年07にも出演とBIGパーティーはもちろんのこと全国各地からのオファーが後を絶たず、それはクボタタケシがレコードを回し始めると、それはもう楽しくて素敵でハッピーな時間が流れるからなのである。

●マイケルJフォクスPhoto_5
00年ごろより地元川越でDJをはじめ、04年より青い部屋にて自身のオーガナイズする「CURTURE CLUB」を始動。クボタタケシ等と共に新宿OTOにて毎月レギュラーDJを務める傍ら、06年まで実験性にこだわりイベントを続ける。 DJ CRYSTAL、U-Zhaan(ASA-CHANG&巡礼)、HIKARU (blastHead)、the wafなど多様なライブアクト・DJをフューチャー。様々な形態のパーティー・ライブなどで活躍する。

|

MICHIRU‘N’DJAMBOREE

2007 9.14fri 蜂@aoyama
【MICHIRU‘N’DJAMBOREE】070914hachi_2

start 23:00
entrance ¥2500(w/1D)

2F
LIVE   ウーネリーズ
        phewwhoo
         demitaspot

DJ
     マイケルJフォクス
        yoppy(enosot)
         池田ヤングKAN
     FUZZDADDY
    (city country city)

3F  DJ
  MAKO(curandero)
  SO-UP
(NKLBKL/curandero)
  KazuakiNoguchi

  (Peacefultree/seco)  
  R2B2
JackBass/GG)
  YOCCHI
(PISH)
  KIMAGURE
(HRH)

4F
LIVE kuriwatahashi

DJ
   tumurahi fat
  Kendoom
(NKLBKL)
  utako
(phewwhoo)
 
LOVE ME TENDER

presented by DEP & phewwhoo
http://deplog.coco.log-nifty.com
HACHI info 03-5766-4887
http://www.aoyama-hachi.net/top.html

●ウーネリーズ
http://www.afromaster.com/uhnellys/
KIM--Speak,Bass,Trumpet  midi--Drums

Uhnellys Drums・Microphone・Bass、このウネル三原則を駆使し、二人は演奏を回転させる。あなた方はいつの間にか辿りつく。誰も目撃したことの無い、かつて味わったことの無い、魅惑の三半規管の空間へ。 ウーネリーズは無二の音楽を発信し続ける。さあさあ、道を開けてくれ。いざ、ウネロ五次元へ。
昨年のフルアルバム「Jazooka」リリースからBAKER BROTHERS(UK)・ETERNALS(USA)などとの共演、 英国ツアー招聘と風雲急を遂げる大PUSHUP。今年はTHINKTANK、Zoobombs、少年ナイフ、toeなどなどとジャンルを飛び越えた競演を重ねハリケーンの如く昇華中。
大注目株のウーネリーズに巻き込まれろ!

●PHEWWHOO
http://www.myspace.com/phewwhooPhewwhoo
KENDOOM--Guiter SO-UP--Guiter  赤坂みちる(ex:界)--Bass うたこ(ex:界)--Drums

2007年に結成されたばかりの四人組(from NKLBKL)。キャリアはそれぞれ、歴史はまだまだ。10年戦士の1年生。音楽、仕事、飲み仲間。トキにはキャプテン、トキにはメンバ―。トキには社長、トキにはバイト。トキには関白、トキには女房。トキにはかあちゃん、トキには息子。そしてそこには音楽が・・・・。ヒュ~!フ~!

LIVEを重ねる事にグルーヴを増して行くFUNKY SPIRIT STYLE OF '76 instrumental BAND。都内で名を馳せたファンキーミクスチャーバンド「界」からPHEWWHOOに繋がる疾走のサウンドはあっという間に心をわしづかみ、GOMAやL?K?Oといった強力なアクトと早くも遭遇。見逃す手はないって!!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ともかく今回は【DEP&curandero】ともいえる偶発的かつ必然的な奇跡のコラボNight!

都内アヴァンギャルド・アンダーグラウンドシーンをこれでもかと展開して行くDEPと、青山の夜を熱いテンションかつハッピーに盛り上げてきたcurandero

先に紹介したウーネリーズ、PHEWWHOOをはじめdangcang(サーファーズ オブ ロマンチカ)と APEPA(SUNDAY ELEKTRONIKA)を中心とした不特定多数のエレクトロジャムユニットdemitaspot、今や全国のルーツ系フェスでも活躍し確固たる実力と人気を兼ね備えるレゲエバンドTuffSessionでギターを奏でるクリを中心としたアコースティックユニットくりわたはしといった面々のLIVEに加え、DEPの右腕DJでありその名前だけで話題に事欠かないマイケルJフォクス、蜂での人気レギュラーイベントcuranderoの屋台骨SO-UP&MAKO、恵比寿MILKでの熱い夜を提供してきたNKLBKLよりKENDOOM、急遽参加が決定したex:ROCKINGTIME・現TuffSession/RISINGTONESのキーボーディストtumuraと、とにかく何だか凄いDJも揃いに揃った!

2FはLIVE&DJで熱くハジケ、3FはDJオンリーでアガリまくり、4Fはロックやらルーツやらはたまたフォークまで何が飛び出すやらROCK・REGGAE・HOUSE・TECHNO何でもアリでしょう。

エントランス前の広場では何とBBQもやる予定らしい。。

こりゃあヤバイやばすぎるよ。絶対来るべきだ!

★MICHIRU‘N’DJAMBOREEEEEEEEE!!!!★

|

11/10(金)『紙の月』

池袋ROSA6周年記念イベント及び新シリーズ第1弾!Kaminotsuki_2

 ―ROSA 6th ANNIVERSARY―
   『紙の月』
11/10(金)@池袋LIVEINNROSA
open/start 18:30/19:00 
adv/door \2500/\3000(+1order)
presented by DEP―Djambo Event Project―

http://deplog.cocolog-nifty.com/
★出演★
■KILLING FLOOR

http://www5.plala.or.jp/killingfloor/
福島幹夫(A.Sax/S.Sax) 関口新一郎 (Tp) 
浜野謙太(Tb,SAKEROCK)  西山克幸(STICK) 中里 敦(Drums) 竹
ノ家智美(Perc)  伊藤大地(Perc-drums,SAKEROCK)

■zuppa di pesce

http://www.itoken-web.com/zuppa/
drums:イトケン sax:マヒマヒ(MSN)  trombone:古池寿浩
low synth:西村浩介(a.k.a.DJ Peaky)  hi synth:マユミ

■jimanica

http://www.jimanica.com/

★DJ
コイデリョウ(ahru,ex-RUK)

http://www.geocities.jp/ruk_death/

■KILLING FLOOR
福島幹夫(A.Sax/S.Sax) 関口新一郎(Tp) 浜野謙太(Tb)
西山克幸(STICK)中里 敦(Drums) 竹ノ家智美(Perc) 伊藤大地(Perc-drums)
ハシケン、松永孝義(ex MUTE BEAT)のバンド、ex.MORSOFのサックス奏者でもある福島幹夫のリーダーバンド。89年の結成以来様々な音楽性を追求し、メンバーをマイナーチェンジして現在の7人編成に至る。中期から参加しているSTICKの西山克幸にSAKEROCKの浜野謙太(Tb)・伊藤大地(Perc-drums)が加わりツインドラム+パーカッション+3管+スティックというスタイルが成立。斬新な編成が奏でるリズムは時に重厚であり軽快であり変則的であり、正にaVant-garDe pOp jaZz!


■zuppa di pesce
drums:イトケン/sax:マヒマヒ(MSN,迷宮怪,チルドレンクーデター)
trombone:古池寿浩ふいご,ex-渋さ知らズ) low synth:西村浩介(a.k.a.DJ Peaky)
hi synth:マユミ
かねてから「もう1個バンドやろっかなー」っと思索していたドラマー/コンポーザーであるイトケンの呼び掛けで01年結成。 アナログシンセ2台と管楽器2本とドラムという編成。 イトケン的にはイージーリスニング系ダンスミュージックと思って作曲。 ちなみにバンド名の意味は「魚肉のスープ」。2005/7に高い方の鍵盤がメンバーチェンジ。と同時に1stアルバムリリース。現在ゆるーく活動中。


■jimanica
jimanica(dr/computer)
ドラマー、ラップトップ演奏家。15才よりドラムを始める。武蔵野美術大学映像学科卒業後、渡米。NYでフリーランスドラマーとして活動。帰国後、moaiを結成。ソロプロジェクト"Jimanica"をはじめ、ドラマー、ラップトッパーとしてライブ・レコーディングもこなす。イトケンとのデュオや迷宮ロックグループ知恵の輪のドラマーとしても活躍中。

タイトル「紙の月」とありますのは自分が7年程前、池袋は西口にあります某ジャズバーにて素晴らしい音楽と偉大なミュージシャン達との出逢いに感謝すべく命名させて頂きました。
そんな由来は程ほどにタイトルはあくまでも個人的な思い入れとしての開催でしてお店と関係のあるイベントではございませんのでアシカラズ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)